耳の病気(外耳と中耳の病気)

正常な鼓膜、透明で光を反射します。

外耳の病気

耳の穴から鼓膜までを外耳と言います。

 

1.外耳炎---外耳が炎症を起こし、痛くなって、

くさい膿や耳だれが出る病気です。聞こえが悪く

なることもあります。大人の外耳炎の大半は、

耳掃除や耳かきのやり過ぎが原因です。

子供、特に乳児は皮膚が弱いので、夏場は外耳炎

になりやすいようです。中耳炎と区別がつきにくい

場合もあります。

 

2.耳垢塞栓---耳あかが詰まって、聞こえが悪く

なってしまう病気です。耳あかを取っているつもりで、

奥に押し込んでしまうとなってしまいます。

アメミミといって耳あかの柔らかい人は、特になりやすい

ようです。

中耳の病気

中耳は鼓膜の奥にあって、耳管という管で

鼻の奥とつながっています。

 

1.急性中耳炎---鼻炎やカゼが原因で、

鼻の奥から耳に細菌が入って来ます。

耳が痛くなって、熱がでることが多いのですが、

軽い場合はあまり痛みが無く、聞こえが悪い感じで

気付くこともあります。高熱があったり、

薬の効かない細菌(耐性菌)の場合は、鼓膜切開をしますが、

それ以外の場合は、鼻炎やカゼの治療をしながら、

抗生物質を飲みます。痛みがひいても、滲出性中耳炎

になっていることが多く、最後まで治療することが大切です。

大人の中耳炎では、内耳への影響で、感音性難聴になっていること

があり、その場合はステロイドを内服します。

 

2滲出性中耳炎.---急性中耳炎が完全になおりきらないと、

滲出性中耳炎になります。鼓膜の内側に膿が溜まるので、

少し聞こえが悪くなる以外は、症状がありません。

しかし放置すると、鼓膜がくっついてしまい(癒着性中耳炎)

一生難聴になることがあります。子供の場合は、その原因に

鼻炎がある場合がほとんどで、鼻炎が治れば中耳炎も治る

ことがほとんどです。

その治療と同時に以下の様な治療をします。

 

第1段階、耳管通気、大人の場合は金属の管で、子供の場合は

ゴムの道具で、鼻から耳に空気を抜きます。自宅でできる

オトベントという道具もあります。ご相談下さい。

 

第2段階、鼓膜を切開して中の膿を抜きます

(局所麻酔をするので痛みはありません)。

 

第3段階、鼓膜にチューブを入れ、中に膿が溜まらないように

します。小さいお子さんは病院に入院して全身麻酔でやります。

鼓膜に穴(穿孔)が残ることがあります。

 

滲出性中耳炎の検査

ティンパノメトリーという機械で鼓膜の動きを検査します。

 

3.真珠種性中耳炎---骨を壊して進行していく

中耳炎で手術が必要になることがあります。

鼓膜切開

鼓膜チューブ

滲出性中耳炎の検査

ティンパノグラムの見方

当院のティンパノメトリー

真珠種性中耳炎

ホームへ戻る