鼻アレルギーと花粉症

人間の体には、有害な物質を体から出そうという働きがあります。

この働きが、有害でない物質にも働くのがアレルギーです。

アレルギーになりやすい体質の人となりにくい体質の人がいますが、

スギ花粉症のようにある日突然、症状が出ることがありますので

注意が必要です。

アレルギーの原因物質(抗原)と時期

ハウスダスト、ダニ----------1年中、気候の変わり目

スギ-----------------------------2月〜4月

ヒノキ--------------------------4月〜5月

カモガヤ(イネ科)----------5月〜7月

ブタクサ(キク科)----------8月〜10月

 

鼻アレルギーの症状

くしゃみ、水様性鼻汁(みずっぱな)、鼻閉(はなづまり)

が3大症状ですが、鼻のカユミや、むずむずする感じ、

子供の場合は鼻出血(鼻血)を伴うことも多いです。

また、合併しやすい病気として、アレルギー性結膜炎や

喘息、アトピー性皮膚炎などがあります。

遺伝する傾向が強いことも知られており、ご兄弟や

ご両親のどちらかにアレルギー性の病気があると、

アレルギー性の病気になりやすいと言われています。

夜間、鼻がつまってしまうため、のどを痛めやすく、

朝起きると、のどが痛くなったり、のどのアレルギー

になって、かわいたセキが長く続いたりすることも

あります。

 

鼻アレルギーの検査

1.鼻の中を見る。---単純なことですが、非常に重要なことで、

鼻アレルギーが起きていると、粘膜が白くブヨブヨになっていたり、

赤く充血していたりします。

2.鼻汁好酸球検査---鼻汁(鼻水)の中にアレルギー性の細胞が

あるかどうかを調べる検査です。数分で結果が分かり、費用も

安いのですが、アレルギーがある場合でも反応がでないこと

もあり(偽陰性)、何のアレルギーかも特定できません。

また風邪薬や鼻炎薬を飲んでいると反応がでません。

3.血液検査---費用と時間はかかりますが、何のアレルギーかが

特定できます。しかしこの検査でも、アレルギーがあるのに、

反応がでないこと(偽陰性)があります。

 

鼻アレルギーの治療

掃除やマスクで、アレルギーの原因物質(ホコリや花粉)を避けることが何より重要です。その上で

1.内服薬や点鼻薬を症状によって使い分けます。

2.レーザーで鼻の粘膜を焼いたり、手術で鼻の粘膜を切除したりします。

レーザーは日帰りででき、健康保険もききますので、当院では予約制で

施行しています。ご相談下さい。

3.体質改善の注射(減感作治療)

松戸市立病院の耳鼻咽喉科等を紹介させて頂いております。

レーザー前

レーザー後

花粉症とその対策

有病率が20%を超え、日本人の国民病ともいうべきスギ花粉症ですが、現在までのところ、

根本的な治療法は無く、以下の様々な方法を組み合わせた治療が広く行われております。

しかし、最も重要なことは、なるべく花粉を体から遠ざけることで、外出時のマスクと

眼鏡より効果があるものは無く、逆にどんなに薬を使ったとしても、花粉を浴び続けるなら、

ほとんど効果はありません。また部屋の中になるべく花粉を入れないようにすることも

重要です。

1.抗アレルギー剤の内服---症状が始まる2週間前から飲み始めるのが効果的とされています。

症状や体質にあったお薬を処方させて頂いております。ご相談下さい。

症状がひどいときは、少量のステロイドホルモンの内服が副作用も少なく効果的です。

2.点鼻薬---ステロイドホルモンの点鼻薬は、鼻の中で分解されるため、妊娠中も

比較的安全とされています。

3.レーザー---やはり症状の始まる2週間前位に行うと最も効果的です。妊娠を考えている方や、

妊娠中の方には、一番おすすめです。

ホームへ戻る